社団法人 日本生化学会 東北支部

活動の記録

bar

2010年10月1日-2011年9月30日
日本生化学会東北支部
  支部長  福永 浩司 
(東北大学大学院薬学研究科 薬理学分野  教授)

日本生化学会東北支部第77回例会・シンポジウム(要旨集
日時:
2011年7月23日(土)9:00~20:00
会場:
例会・シンポジウム
東北大学さくらホール2階
懇親会
東北大学さくらホール1階 (参加費:3,000円、大学院生・学部生は無料)

時間 行事 会場

9:00-11:58

一般演題・口頭発表(演題番号 O-1~O-14) 東北大学さくらホール2階

12:00-13:00

評議員・幹事合同会議 東北大学 材料物性棟1号1階 大会議室
13:00-13:40 一般演題・ポスター発表(演題番号P-1~P-16) 東北大学さくらホール1階
13:40-14:52 一般演題・口頭発表(演題番号O-15~O-20) 東北大学さくらホール2階
15:00-15:40 東北支部優秀論文賞受賞講演 東北大学さくらホール2階
15:40-16:10 東北支部奨励賞受賞講演 東北大学さくらホール2階
16:10-17:40 支部シンポジウム 東北大学さくらホール2階
17:50- 懇親会 東北大学さくらホール1階


プログラム (印刷用はこちら

一般演題

9:00~9:48 一般演題1 糖鎖・脂質

座長:顧 建国(東北薬大・分子生体膜研・細胞制御学)

O-1. リゾホスファチジン酸産生酵素オートタキシンの結晶構造解析〇奥平真一1、西増弘志2、濱弘太郎1、三原恵美子3、堂前直4、井上飛鳥1、石谷隆一郎2、高木淳一3、濡木理2、青木淳賢151東北大院・薬・分子細胞生化学、 2東大院・理・生物化学、3大阪大・蛋白研、4理研、5東北大・医・代謝疾患医学センター)

O-2. インテグリンに付加された糖鎖の意義について〇伊左治知弥、陸瑩瑩、福田友彦、顧建国(東北薬大・分子生体膜研・細胞制御学)

O-3. 蝸牛聴毛の変性によるガングリオシドGM3合成酵素欠損マウスの聴覚障害〇吉川弥里1,2、郷慎司1、岩崎克典2、井ノ口仁一11東北薬大・分子生体膜研・機能病態分子、2福岡大・薬・臨床疾患薬理)

O-4. 表面プラズモン共鳴によるサポニンおよび脂肪酸のレニン活性阻害-結合相関解析後藤猛1、鎌田淑恵2、小野洋輝2、菊地賢一1、高橋砂織31秋田大院・工学資源,2秋田大・工学資源,3秋田県総食研セ)

9:48~10:36 一般演題2 細胞応答・シグナル伝達

座長:青木 淳賢(東北大院・薬・分子細胞生化学)

O-5. ペルオキシレドキシンによるレドックスシグナルの感知と代謝制御〇久下周佐1,2、橘剛2、色川隼人1、小笠原綾子1、渡部俊彦1、岩井健太1,21東北薬大・微生物学、2東北大院・薬・生体防御)

O-6. Peroxiredoxin 4による細胞機能のレドックス調節の解明〇倉橋敏裕1、粟田ちひろ2、金野祐1、大槻倫之1、角田智志1、張紅旭1、伊藤純一1、井内良仁3、高尾敏文2、藤井順逸11山形大院・医・生化学・分子生物学、2大阪大・蛋白研、3山口大・農・生物機能科学)

O-7. Nrf2依存的なヒトHO-1遺伝子発現活性化機構の解析〇丸山敦史、伊東健(弘前大院・医・分子生体防御)

O-8. β細胞におけるKeap1-Nrf2システムの役割〇宇留野晃1、柳下陽子1、菅原明2、山本雅之11東北大院・医・医化学、2東北大院・医・病態検査) 

10:36~10:46 休憩

10:46~11:22 一般演題3 発生と分化 

座長:西森 克彦(東北大院・農・分子生物)

O-9. 神経発達におけるペプチドホルモンセクレチンの役割〇西島維知子(東北大学院・医・環境遺伝医学総合研究センター 情報遺伝学) 

O-10. 腎臓発生におけるLGR4の機能解析〇大山一徳、毛利泰彰、赤松篤、西森克彦(東北大院・農・分子生物)

O-11. 弘前ヘアレスラット胸腺でのヘルパーT細胞の分化抑制はCD4陽性T細胞と樹状細胞のそれぞれに発現するLy49ファミリー遺伝子の欠失による〇山田俊幸1、七島直樹1,2、清水武史1、土田成紀11弘前大院・医・ゲノム生化学、2弘前大院・保健・生体機能)

11:22~11:58 一般演題4 染色体と遺伝子発現調節

座長:稲田 利文(東北大院・薬・遺伝子薬学)

O-12. 染色体整列に働く新規分子CAMPの機能について伊藤剛、田中耕三(東北大・加齢研・分子腫瘍学)

O-13. S-アデノシルメチオニン合成酵素MATIIによるエピゲノム制御と転写調節解良洋平1, 2、加藤恭丈1、太田嶺人1、山本照子2、五十嵐和彦11東北大院・ 医・生物化学、2東北大院・歯・顎口腔矯正学)

O-14. mRNA品質管理システムにおけるナンセンスmRNA 分解の分子機構鹿島勲1, 3, Stefanie Jonas1, Uma Jayachandran2, Gretel Buchwald2, Elena Conti2, Andrei N. Lupas1 andElisa Izaurralde1 (1Max Planck Institute for Developmental Biology, 2Max Planck Institute for Biochemistry, 3東北大院・薬・遺伝子薬学)


評議員・幹事合同会議

12:00~13:00 東北大学 材料物性棟 1号1階 大会議室 にて

一般演題

13:00~13:40 ポスター発表

座長:清水 透(東北大・多元研・バイオ系プロセス制御)

P-1. ペルオキシレドキシンによる過酸化水素の感知と酸化ストレス応答(リン酸化eIF2αレベル)の制御〇岩井健太1,2、柴田美奈子2、間さやか2、久下周佐1,21東北薬大・微生物学、2東北大院・薬・生体防御)

P-2. Sigma-1 受容体の新規スプライシングバリアントの同定とその機能〇石川潔、塩田倫史、福永浩司(東北大院・薬・薬理学)

P-3. リゾホスファチジン酸は体毛形成に関与する〇井上飛鳥1、有馬直明1、新井洋由2、青木淳賢1,31東北大院・薬・・分子細胞生化学、2東京大院・薬・衛生化学、3東北大院・医・代謝疾患コアセンター)

P-4. LPAによる血管透過性亢進作用メカニズムの解明〇近藤朋恵1、可野邦行1、奥平真一1Jerold Chun、青木淳賢1,31東北大院・薬・分子細胞生化学, 2スクリプス研究所, 3東北大・医・代謝疾患コアセンター)

P-5. 新規AutotaxinスプライシングアイソフォームATXδの性状解析〇橋本崇史1、奥平真一1、五十嵐浩二2、矢冨裕3、青木淳賢1, 41東北大学院・薬・分子細胞生化学, 2東ソー株式会社・バイオサイエンス事業部・開発部, 3東京大学医学部付属病院・検査部, 4東北大・医・代謝疾患医学コアセンター)

座長:福田 光則(東北大院・生命研・膜輸送解析)

P-6. ラット小脳顆粒細胞における合成カンナビノイドCP55940LPS誘発性サイトカインmRNA発現抑制機構の解析〇千葉俊樹、上沙奈恵、小原祐太郎、中畑則道(東北大院・薬・細胞情報薬学)

P-7. 一次繊毛形成におけるRabin8のリン酸化とその機能〇天貝佑太1、千葉秀平1、菅野新一郎2、安井明2、福田光則3、水野健作11東北大院・生命研・情報伝達分子解析、2東北大・加齢研・加齢プロテオーム解析、3東北大院・生命研・膜輸送解析)

P-8. 核内受容体CARによるケトン体合成酵素HMGCS2の発現制御機構〇大塚祐多、吉成浩一、山添康(東北大院・薬・薬物動態学)

P-9. 乳腺発達におけるLGR4の機能解析〇霜田貴宏、大山一徳、毛利泰彰、西森克彦(東北大院・農・分子生物学)

P-10. 子宮内膜の脱落膜化におけるLgr4の機能解析〇曽根瑞季1、毛利㤗彰1、大山一徳1、加藤成樹1、那波明宏2、西森克彦1(東北大院・農・応生科、2名大医・産婦人科)

座長:北川 隆之(岩手医科大・薬・細胞病態生物学)

P-11. NMD (ナンセンス変異依存mRNA分解)における異常タンパク質分解機構の解析〇黒羽一誠、稲田利文(東北大院・薬・遺伝子薬学)

P-12. Dom34:Hbs1複合体によるNGD(No-Go Decay)標的mRNA分解機構の解析〇坪井達久、黒羽一誠、牧野志保、鹿島勲、稲田利文(東北大院・薬・遺伝子薬学)

P-13. 栄養ヘムによる遺伝子制御の実験系構築〇羽田浩士1、白木琢磨2、渡部美紀1、五十嵐和彦11東北大院・医・生物化学、2近畿大・生物理工学・食品安全工学)

P-14. 転写因子BACH1による巨核球の多倍化制御メカニズムの解明〇李婕1、白木琢磨2、五十嵐和彦11東北大院・医・生物化学、2近畿大・生物理工学・食品安全工学)

P-15. Tail-anchor型膜タンパク質の小胞体標的化機構の解析〇相澤圭師1、佐藤陽子1、江連徹2、安藤英治2Gunnar von Heijne3、魚住信之11東北大院・工・バイオ工学、2島津製作所・バイオ臨床BU3Dept of Biochem. and Biophys., Stockholm Univ.

P-16. クロマチン機能構造形成におけるヒストンバリアントH2A.Zアイソフォームの機能解析日下部将之1、松田涼1北村大志1、堀哲也2、深川竜郎2、原田昌彦1(1東北大・院農・分子生物、2国立遺伝研・分子遺伝)


13:40~14:16 一般演題5 癌

座長:宮城 妙子(東北薬大・がん糖鎖制御)

O-15. 細胞表面のO-glycanを利用した癌細胞の新しい免疫逃避機構〇坪井滋1,2、須藤美穂子1、畠山真吾2、羽渕友則3、堀川洋平3、橋本安弘1、米山高弘2、盛和行2、山谷金光1、斎藤久夫1、舟生富寿1、大山力2 1(財)鷹揚郷腎研究所(おうようきょうじんけんきゅうしょ)・生化学、2弘前大・院・医学・泌尿器科学、3秋田大・院・医学・腎泌尿器科学 

O-16. 形質膜シアリダーゼ(NEU3)とがん幹細胞性〇高橋耕太1,3、山口壹範2、和田正2、秦敬子1、森谷節子1、山本晃司1,3、宮城妙子11東北薬大・がん糖鎖制御、2宮城がんセ・研、3東北大院・医)

O-17. 腫瘍性HeLa融合細胞におけるGLUT遺伝子の発現制御機構の解析渡辺勝、安部望、押切勇樹、佐京智子、〇北川隆之(岩手医科大・薬・細胞病態生物学) 

14:16~14:52 一般演題6 リン酸化・脱リン酸化酵素

座長:本間 好(福島医大・医・生体物質)

O-18. N-ミリストイル化はPP2CαおよびPP2Cβの機能発揮に必須である〇小林孝安、千田透子、安藤正勝、松木佑、枡悠太郎、高橋祐輝、神藤祐亮、永浦裕子、田村眞理(東北大・加齢研・遺伝子情報)

O-19. T細胞の遊走におけるSDF-1刺激依存的なSlingshot-1のリン酸化制御〇川村友理子、佐々木一貴、大橋一正、水野健作(東北大院・生命研・情報伝達分子解析)

O-20. ミトコンドリアc-Srcによる細胞死制御メカニズム〇小椋正人、八巻淳子、本間美和子、本間好(福島医大・医・生体物質)

14:52~15:00   生化学会東北支部奨励賞・優秀論文賞 表彰式

生化学会東北支部優秀論文賞受賞講演

 座長:杉山 俊博(秋田大・医・分子機能学)

強力な細胞傷害活性を有する二量体化二重特異性diabody (hEx3 tetrabody)の精密機能解析
浅野 竜太郎 (東北大院・工・バイオ工学)

脂肪酸結合蛋白質によるドパミンD2受容体の機能制御
塩田 倫史 (東北大院・薬・薬理学)


生化学会東北支部奨励賞受賞講演

座長:土田 成紀(弘前大院・医・分子遺伝情報科学)

転写因子による転写調節とエピゲノム制御の共役機構
加藤 恭丈 (東北大院・医・生物化学)

日本生化学会東北支部シンポジウム

16:10~16:55 シンポジウム(1)

     座長:田村 眞理(東北大・加齢研・遺伝子情報)

チロシンホスファターゼの機能と病態

的崎 尚  (神戸大院・医・シグナル統合学).

16:55~17:40 シンポジウム(2)

       座長:福永 浩司(東北大院・薬・薬理学)

細胞のシグナル伝達系に介在するG蛋白質:Giの発見からG蛋白質が果たす役割の拡大に向けて

堅田 利明 (東大院・薬・生理化学)


懇親会 (17:50~)

懇親会:東北大学さくらホール1
懇親会参加費:一般(3,000円), 大学院生・学部学生(無料)

 

フッター