社団法人 日本生化学会 東北支部
TOP *役員 *東北支部賞 *入会案内 *活動報告 *リンク *English

活動の記録

bar
日本生化学会東北支部第70回例会・シンポジウム
日時:2004年5月28日(金)〜29日(土)
会場:田沢湖ハイツ (秋田県田沢湖町生保字駒ケ岳2-128、TEL:0187-46-2201)
世話人:杉山俊博 (秋田大学医学部)

 

日程

日時 行事 会場

5月28日(金)12:00〜13:00

評議員・幹事合同会議 1階 山桜

5月28日(金)13:30〜15:15

一般演題(演題番号1-7)

5月28日(金)15:15〜15:30

休憩
5月28日(金)15:30〜17:30 シンポジウム

5月28日(金)18:00〜

懇親会 3階 大広間
5月29日(土)8:30〜9:30 東北支部奨励賞受賞講演
5月29日(土)9:30〜9:40 休憩
5月29日(土)9:40〜11:55 一般演題(演題番号8-16)
5月29日(土)11:55〜 閉会

 

2004年5月28日(金)

評議員・幹事合同会議(12:00〜13:00)

 会場:1階 山桜

一般演題(13:00〜15:15)

酸素の構造と機能 (13:30〜14:30)
座長:土田成紀 (弘前大・医・生化ニ)

  1. 大腸菌由来レドックスセンサーヘム蛋白質(EsDOS)へのヘム結合、4量体形成とホスホジエステラーゼ活性との関係
    ○鈴木(吉村)登紀子、佐上郁子、笹倉由貴江、清水透 (東北大・多元研)
  2. コフィリン脱リン酸化酵素Slingshotの活性制御機構
    ○太田裕作1、永田(大橋)恭子1、千葉秀平1、森玲子1、後藤一路1、西田満1、大橋一正1、高坂和芳2、岩松明彦3、丹羽隆介2,4、上村匡2,4、水野健作1 (1東北大院・生命科学、2京都大・ウイルス研、3プロテイン・リサーチ・ネットワーク、4CREST・JST)
  3. ニューレグリン刺激依存的なコフィリンの脱リン酸化制御機構
    ○千葉秀平1、後藤一路1、永田(大橋)恭子1、太田裕作1、西田満1、大橋一正1、高坂和芳2、岩松明彦3、丹羽隆介2,4、上村匡2,4、水野健作1 (1東北大院・生命科学、2京都大・ウイルス研、3プロテイン・リサーチ・ネットワーク、4CREST・JST)
  4. グルタチオントランスフェラーゼ(GST)遺伝子多型ラットにおけるペルオキシソーム増殖剤による肝二頭酵素(BE)誘導の差異
    ○浅野純平、工藤敏啓、早狩誠、七島直樹、土田成紀 (弘前大・医・生化ニ)

 

細胞応答 (14:30〜15:15)
座長:伊藤英晃 (秋田第・工学資源・環境物質工学)

  1. IL-6による腎細胞癌の形質膜シアリダーゼ上昇とその意義
    ○上野誠司1,2、和田正1、斎藤誠一2、佐藤信2、荒井陽一2、山口壹範1、宮城妙子1 (1宮城県立がんセンター・生化、2東北大院・医・泌尿器)
  2. ラット海馬神経細胞におけるCaM kinase kinase活性の測定
    ○笠原二郎、福永浩司 (東北大院・薬・薬理)
  3. 両棲類CD38の構造と機能:CD38-cycle ADP-ribose情報伝達系の進化における保存性
    ○池田崇之1、野口直哉2、那谷耕司2、秋山貴子1、川口晶子2、山内晶世1、高橋巌1、吉川雄朗1、高沢伸2、岡本宏1 (1東北大院・医・先端再生生命科学、2同生物化学))

シンポジウム:生化学領域におけるプロテオミクスの動向(15:30〜17:30)

S1. 15:30〜16:30 座長:杉浦俊博 (秋田大・医・構造機能医学)
質量分析とプロテオミクス
高尾敏文 (大阪大・蛋白研)

S2. 16:30〜17:30 座長:藤井順逸 (山形大・医・生体分子機能)
ヒトABCトランスポータの遺伝子多型とその機能解析
石川智久 (東京工大・生命理工)

懇親会(18:30〜)

会場:3階 大広間
参加費:2,000円

 

2004年5月29日(土)

東北支部奨励賞受賞講演(8:30〜9:30)

奨励1. 8:30〜9:00 座長:堤賢一 (岩手大・農)
Structural requirements for the perception of ambient temperature signals in homeothermic heat production of skunk cabbage (Symlocarpus foetidus).
伊藤菊一 (岩手大・農・寒冷バイオシステム)

奨励2. 9:00〜9:30 座長:田村真理 (東北大・加齢医学研)
Regulation of the interlerkin-1-induced signaling pathways by a novel member of the protein phosphatase 2C family (PP2Cε).
李明光 (東北大・加齢医学研)

一般演題(9:40〜11:55)

細胞の構造と機能T (9:40〜10:25)
座長:仁田一雄 (東北薬科大・癌研・第一部)

  1. 7回膜貫通orphan-GPCRファミリーに属する新規膜受容体、マウスLGR4の解析
    ○加藤成樹、 松尾剛、西森克彦 (東北大院・農・分子生物)
  2. オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスの肥満病態についての解析
    ○笠原好之、高柳友紀、川又理樹、吉田居G、河田照雄1、西森克彦 (東北大院・農・分子生物、1京都大院・農・栄養化学)
  3. 一重項酸素による細胞死はカスパーゼ活性の阻害により典型的なアポトーシスとはならない
    大津芳1、佐藤和昭2、池田義孝1、大場好弘2、○藤井順逸1 (1山形大・生命環境医科学・生体分子機能、2同・工学部・物質化学工学)

 

細胞の構造と機能U (10:25-11:10)
座長:山口壹範 (宮城県立がんセンター・生化)

  1. ラムノース結合性レクチンによるバーキットリンパ腫細胞のホスファチジルセリン分布の変化
    ○菅原栄紀、細野雅祐、小川由起子、佐々木智子、高柳元明、仁田一雄 (東北薬科大・癌研・第一部)
  2. 質量分析計を用いたグリコサミノグリカン糖鎖の微細構造の解析(糖鎖中の硫酸基の数と局在部位について)
    ○児島薫1、井掘信之1、柿崎郁子1、今淳1、工藤義昭2、高垣恵一1 (1弘前大・医・生化一、2(株)角弘釧路研究室)
  3. 歯周組織再生のためのマウスエナメル芽細胞株の樹立と解析
    ○中田憲、亀田隆、永井宏和、池上謙次、段玉清、上野康晴、寺田邦彦、杉山俊博 (秋田大・医・構造機能医学)

 

ゲノムと遺伝情報 (11:10-11:55)
座長:西森克彦 (東北大院・農・分子生物)

  1. CHO細胞を用いたX-ray repair cross-complementing gene 1 (XRCC1) のArg280His多型とDNA修復能の解析
    ○高浪タカ子、久保田美子、清水新司、堀内三郎 (岩手医大・医・生化)
  2. 部位特異的遺伝子挿入による哺乳類DNA複製開始領域の機能解析
    ○南宏幸、高橋淳子、森大輔、斉藤靖史、堤賢一 (岩手大・院・連合農学)
  3. 複製オリジン/プロモーターに結合する一本鎖DNA結合因子PurαおよびPurβ
    ○下平義隆、斉藤靖史、堤賢一 (岩手大・院・連合農学)

閉会(11:55〜)

フッター